【謎解きはディナーのあとで】お嬢様と毒舌執事のコンビが最高!【感想】

本紹介

謎解きはディナーのあとで

「――お嬢様はアホでいらっしゃいますか」
毒舌執事はいとも容易く謎を解く

ドラマ 本と中古スマホの販売買取
¥825 (2023/05/30 14:41時点 | 楽天市場調べ)

タイトル:謎解きはディナーのあとで
著者:東川篤哉
初版発行日:2010/9/2
ジャンル:ミステリ

櫻井翔さん、北川景子さん主演でドラマ・映画化作品

おすすめな人
・軽いミステリが読みたい
・くすっとしたい

あらすじ

宝生麗子は普段は国立署に所属する刑事。だがその素性は超有名な「宝生グループ」の総帥の一人娘、本物のお嬢様だ。だが麗子はあくまで一般人として刑事の仕事に励んでいた。
そして当然、麗子はあらゆる事件に遭遇する。だが上司である「風祭モータース」の御曹司、風祭警部はどうも頼りにならない。
事件解決に頭を悩ませる麗子の相談相手となったのが、彼女の執事、影山だった。
この男、事件現場に居合わせずとも、麗子の話を聞くだけでいとも容易く謎を解いてしまう。
ただ、とんでもない毒舌である点を除けば、実に有能な執事なのだが――。

ミステリ初心者におすすめ

この「謎解きはディナーのあとで」は、比較的ポップな文体で書かれています。
登場人物たちの掛け合いもテンポが良く、重い展開もありません。
そのため、本格ミステリが読みたい!という方には少々物足りないかもしれません。
決してトリックが甘いという話ではなく、真面目一辺倒なミステリではないということです。

私はミステリを読むようになって経験の少ないミステリ初心者なので、気負うことなく読むことができました。短編集なのも読みやすいポイントです。
登場人物の様子も頭に浮かびやすく、映像化した理由にも納得できます。
腰を据えてじっくり…と腹を括らずとも、気軽にミステリを楽しみたいという方にオススメです。

キャラクタが面白い

「ひょっとしてお嬢様の目は節穴でございますか?」

謎解きはディナーのあとで/東川篤哉

麗子に仕える執事、影山は非常に優秀でありながら毒舌を吐きます。もちろん烈火のごとく麗子は怒ります。しかし自分の解けない事件の真相、それを解決できるなら影山の推理を聞かねばならない。そんな主従関係の逆転した奇妙なやり取りの中、事件は暴かれていくのです。

上司である風祭警部もかなりクセのあるキャラクター。尋常ではなくプライドが高く、常にマウントをとりまくっている。しかしそこに悪意が見えず、却って愛嬌のあるキャラクターに仕上がっています。

夜は麗子にとって重要だ。それは彼女が刑事としての職務をしばし忘れて、ごくごく普通の大富豪の令嬢として振る舞える貴重な時間である。

謎解きはディナーのあとで/東川篤哉

ごくごく普通の大富豪令嬢とはなんぞや。そうツッコミたくなる場面がいくつも存在しています。
爆笑せずともくすっとくる文体。ユーモアたっぷりの文章は、読みやすさに一役も二役も買っています。

ほぼ毎話死体が登場し、愛憎まみえる殺人事件。それなのに心が重くなる暗さを感じることなく、あっさりと読み進めることができます。

ミステリに挑戦してみたい、またはユーモラスな文章に触れてみたい。
そう思う方には、特にピッタリな作品です。

ドラマの再放送から入ったけど、面白かったです!

コメント

タイトルとURLをコピーしました