【すべてがFになる】まさに衝撃のデビュー作!【感想】

本紹介
楽天ブックス
¥869 (2024/04/18 20:17時点 | 楽天市場調べ)
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場

すべてがFになる

タイトル:すべてがFになる
著者:森博嗣
ジャンル:ミステリ
初版発行日:1996年4月5日

おすすめな人
重厚なミステリが読みたい人
理系の小説が読みたい人


第1回メフィスト賞受賞作!

あらすじ

孤島のハイテク研究所で、少女時代から完全に隔離された生活を送る工学博士・真賀田四季。彼女の部屋からウエディング・ドレスをまとい両手両足を切断された死体が現れた。偶然、島を訪れていたN大助教授・犀川創平と学生・西之園萌絵が、この不可思議な密室殺人に挑む。

すべてがFになる(裏表紙)/森博嗣

天才の部屋から現れた死体

幼い頃から天才として知られる真賀田四季博士は、外部との接触を一切断ったまま研究を行っていました。研究所のある妃真加島は研究員のみが生活をする孤島で、真賀田博士は所内の更に地下の部屋に籠っています。ごく僅かな機会にもスクリーンを通し、部屋の扉のロックは厳重に管理され、物の受け渡しにもポストを利用し、徹底的に外界から隔離されているのです。
その妃真加島に、N大学助教授の犀川は、学生の西之園萌絵を含めた生徒たちを連れてゼミ合宿に訪れました。真賀田博士とスクリーン越しに言葉を交わした数少ない人物である萌絵は、犀川に研究所へ行ってみないかと誘います。
そこで研究所を訪れた犀川と萌絵でしたが、所内に緊急事態が発生。施設を管理するシステム「デボラ」のエラーにより、真賀田博士の部屋へと通ずる扉が開きました。
奥から現れたのは、ウエディングドレスを着た死体でした。ロボットに乗せられた死体は手足を切断されていました。
この死体は真賀田博士のものなのか。しかし、密室状態の部屋で、誰が博士を殺したというのか。あまりに出来過ぎたエラーは何者の仕業なのか……。
そして混乱に陥る人々をあざ笑うかのように、第二の殺人が行われます。

残された言葉

犀川は、まずスケジュールが映し出されているパソコンの画面を見た。スケジュールといっても、カレンダにはほとんど何も書かれていない。すでに十二時を過ぎているので日付は変わっている。昨日の日付の部分をオープンすると、一行だけメッセージが書き込まれていた。

すべてがFになる

すべてがFになる/森博嗣

「すべてがFになる」とは、犀川たちが捜索を行った際、真賀田博士の部屋のパソコンに残されていたメッセージです。この「F]が一体何を示すのか、犀川を始め萌絵にも、所員たちにも真意がわかりません。
あなたは「F]の文字に何を想像しますか?

本作は1996年に第1回メフィスト賞を受賞し、著者のデビュー作となりました。
タイトルの謎かけと共に、デビュー作とは思えない重厚なミステリ作品です。
30年以上前に書かれた500ページに及ぶ小説ですが、謎の答えが気になり、更に謎が積み重なり、どのような終着点を迎えるのか想像さえ困難です。
最後の最後まで謎が続くので、飽きることなく読める小説です。

最後の謎が気になり過ぎる…!

コメント

タイトルとURLをコピーしました